So-net無料ブログ作成

こけちゃいました [釣行記]

12月1日、寒さの休肝日になったので午前3時出発。
今年最後の釣行は、55㎝のヒラメを釣り上げた例の場所。
同行者も同じ。
「先人が4人もいます」と同行者からのスマホが鳴り、驚く。
「もうすぐ着く」からと急いだ。
4時過ぎなのでまだ真っ暗、ヘッドライトと右手に懐中電灯。

こけちゃいましたー。

漁船係留用の鉄アングルに躓いた。
IMG_1208_LI.jpg
帰りにこれかと、確認。

右手第3、4指擦過傷、右腕軽度挫傷、右大腿部中程度挫傷、右第1趾捻挫。
と、書くのは大げさであるが診断書的にはこうなるのではないか。

最近にない貧果
IMG_1211 (2).jpg
海水温の変わり目だろうか、チダイ、ベラがいなくなったようで当たりもない。
貧果はアクシデントとは無関係。

「こけちゃいました」でも有名なマラソンの谷口選手は完走している。
私も帰宅が17:00になるまでも完走できた程度のケガである。
でも痛いなぁ(笑)



nice!(38)  コメント(26) 

アナゴかウナギか? [釣行記]

11月1日、釣り、行ってきました。
10日前の先回は、55㎝の平たいヒラメでした。
今日は、47㎝の細長~いものでした。

IMG_2894 (2).jpg

IMG_2875 (2).jpg


IMG_2876 (2).jpg


IMG_2880 (2).jpg


IMG_2888 (2).jpg

ヌルヌルと動いているのでボケます。
私としてはウナギであってほしいのですが、アナゴのようにも思えます。
さて、どちらでしょうか?

明日、食べてみたらすぐに解かると思うのですが家人のみならず私も、生きてヌルヌルして巻きついてくるので、ちょっとさばくのをためらっています。



nice!(33)  コメント(8) 

魚拓 [釣行記]

10月23日、快晴、約35年ぶりにとった魚拓を完成させた。
昨日(10/22)、午前5時の時点では強い雷雨、一昨日から降り続いていたのだが当地では最後の一降りであったようだ。釣果を期待することなく、天気予報どおり愛知県知多半島師崎港に着いた9時半には雨があがり、幸いにもさほど強い風もなかった。
小潮で満潮時が、午後1時であったのでいつものように未明に出発する必要もなかった。さらに幸いだったのは、狭いポイントに休日でありながら他の釣り人もいなくて同行した若い釣り友とだけであった。

午後1時直前(12:58)根掛かりにしては、ずっしりと重い感覚があった。
海底の藻などに引っ掛かった柔らかい感じ。根掛かりかと嫌だなぁと思った瞬間、5.9mの延べ竿の先が叩く。

IMG_2767 (2).jpg
錐形状のアジやサバ、若い魚ならば左右に走るのだが、横に走るのもゆったりとしていた。
おおっ、これは持ち堪えられないぞと思い、竿をちょっと前へ送って耐える。

じわっと浮き上がったとき座布団のようなカレイが、しかし今度は下へ潜り始めた。左手を竿に添えたかったのだが竿のしなりで耐えるしかない。リール竿ではないので右腕1本と腰をかがめ腕・腰・足を一つの円弧のようにして耐え続けた。
再度じわっと浮き上がった時は、彼にはもうに潜る力は残っていなかった。
釣り友を呼ぶ、「タモ! タモッ !! 」
駆け付けた友が素早くタモをセットして救ってくれた。

IMG_2765 (2).jpg
道糸2号(直径0.235㎜)、ハリス1号(0.165㎜)なので、タモがなければ間違いなく上げられなかったと思う。
釣り友に感謝である。

帰宅後の確認、55㎝のヒラメであった。
P1160617 (2).jpg

さすがこのクラスになると家人では捌けない。
気合いを入れて3分割。
P1160624 (2).jpg
重さを測り忘れたので、3分割後に計測。
751.5g+360g+645g+α(下処理除去分)≒2㎏弱と推定。

いつものように普通に釣ったベラ・小ダイなどが小さく見える。
P1160625 (2).jpg

今日(10/23)、人生最後の大記録として、魚拓に付記して完成させた。
P1160631 (3)_LI.jpg
魚の中でヒラメは表裏(左右)が明確に異なっているので、墨を付ける側が限定される。
簡便法で魚拓にするとどうしても頭が右になる。

午後からは、2日ぶりの菜園を確認、特別な異常もなかったので、明日は極早生タマネギ苗の植え付けを完了したい。



nice!(53)  コメント(26) 

釣り人写真 [釣行記]

10月7日、曇り。
毎年7月~11月までは、毎日、潮時表と10日間天気予報と自分のスケジュール表のチェックは欠かせません。
潮のいい今週末からは台風19号で天候が荒れます。
来週は自分のスケジュールがかなり混んでいます。

突然といえば突然なのですが、午前10時30分に釣りに出掛けました。
小潮で満潮が14:40ならば、目的のハゼならいけるだろうと判断したのです。

IMG_2723 (2).jpg
右、女性釣り師

IMG_2732 (3).jpg

IMG_2733 (2).jpg

要するに釣れなかったということです。

釣果
IMG_2750 (3).jpg
「えっー、これだけー」と家人。
「下処理して、冷凍! 」と私。

完全に狙いは、はずれました。
O点ゼロ、D点ハゼ11、W点カサゴ2、F点ハゼ4でした。これは私の備忘録です。
ちょっとスケジュール調整して、何とかしないとストレスが溜まりそうです。



nice!(35)  コメント(9) 

師崎港 [釣行記]

9月26日、釣行です。
今回は、愛知県知多半島最南端の師崎港、1本絞りです。
ハゼはやりません。

師崎港着の月
IMG_1061 (2).jpg

IMG_1090 (2).jpg

明るくなる前後、チャンスなのに全く釣れません。
11時に止めましたが、ハゼを釣りに行かなくて済みました。

カレイ、チダイ(真鯛)
IMG_1110 (2).jpg

ベラ、アイナメ、メバル、カワハギ
IMG_1108 (2).jpg

サバ、アジ
IMG_1103 (2).jpg

最初から今回はハゼは狙わない予定でした。
ほんと云うと、狙いはメバルでした。
その意味では、メバル1でトホホなんですが、これだけの魚種があったこととハゼが無かったことで、目標達成ということでお願いします。

家人と魚の下処理をしていた時、福ちゃんが睨んでいました。
彼は猫なのに生魚が嫌いです。
IMG_1113 (2).jpg




nice!(30)  コメント(10) 

エビで鯛を釣る [釣行記]

9月12日、昨日(9/11)の午後、突然に思い立った。
9日前のリベンジをしようと。
先回も、そこそこ帳尻を合わせたものの、メバル狙いの釣行でメバルが1匹では心の底に不満が残っていた。
今日は満潮の時間帯が最適とはいえないが、先回、回ることができなかった片名漁港(愛知県知多半島の南端の少し手前)でメバル数匹を狙う。
メバルがダメでも20cm級のベラが数匹掛かれば納得できるという想いであった。
これに照準を合わせておけば、何かで納得できるであろうと GO !!

真鯛、4匹を釣った。照準を合わせていた片名漁港ではなかった。
IMG_2657 (2).jpg

エサは活きエビ
IMG_2654 (2).jpg
まさにエビで鯛を釣るである。

カワハギを釣ったのは初めてのことである。
IMG_2659 (2).jpg

ベラはいつものとおり。
IMG_2660 (2).jpg

ハゼは少し大きくなってきた。
IMG_2661 (2).jpg

結局、片名漁港を強風で早く切り上げたので良かったと思う。

昔、アサリ採りによく行った矢梨海岸はからっと晴れて、やっと秋が近くなるのかなと思われた。
IMG_2645 (2).jpg

釣った魚の下処理を家人としていたところ、福ちゃんが急に動き出した。
網籠に目を向けているので、気づいたのだが、アゲハが3匹も一挙に羽化していた。
併せてアップしたいのだが、パソコンが重くて重くてどうしようもない。
羽化の報告は、明日に順延ということで、眠らせていただこう。

あ、メバルは今回も1匹であった。
活きエビの針への付け方がやっと分かったような気がするので、もう1度行かなくては(^^♪



nice!(33)  コメント(11) 

メバル1匹 [釣行記]

9月4日、昨日の釣り中にスマホが鳴った用件で今朝も出かけることになった。


お昼頃に届いた若い釣り友からのLINE写真を見ると、友はたくさんく釣っていたを知った。
彼は、最近投げ釣りを好んでいるようす。

20190904141210_p (002).jpg
キス・セイゴ・ハゼ・ゼンメなど。
「今後はキス20匹が目標です」と、コメントも添えられていた。
私もそうであったが、若い時は色々な釣り方に挑戦してみたものの、結果として今ではハゼとメバルの脈釣りで落ち着いている。

私はメバル狙いで愛知県知多半島南端の師崎港へ行って、その釣果(現地撮影)。
IMG_2620 (2).jpg
メバル1、ウミタナゴ3、ベラ6、真鯛1。
目的のメバルは1匹のみ。真鯛がせめて手のひら級であれば最高であった。
キスを目的としていた友は河和で3匹キスがいたので立派、ハゼの大型も見られるようだ。

互いに、自分の目的に向けて釣った後の、午前11時に河和港O地点で落ち合った。
今度は2人でハゼ釣りである。
11:04~12:04までの間に60匹を目標とした私。
IMG_2632 (2).jpg
41匹と達成できず、言い訳がましいが1分で1匹目標はハイレベルである。
しかしこれが、私の目標管理意識である。
競技針を使用すべきだったかな。

釣り開始から麦茶・OS1など1.5リットルほどの水分補給をしていたが、日陰のない釣り場はキツイ。
ちょっと熱中症気味になったので、今度は10分10匹目標にしたが7匹で撃沈。
もう一度やってみたが、やっぱり目標の7割である。
友は若いだけあって、も少し続けていた。

近くの魚市場「魚太郎」で再び合流、自販機の南アルプス自然水600ccあまりを補給したが、まだql足りない。
体を冷やそうと、ものすごく久しぶりに、かき氷を食べた。というか飲んだというべきか。
20190903142624_p (002).jpg
よく考えてみると20年以上、かき氷を食べていなかったように思う。
彼は次もキス狙いの様子、私はもう一度メバルになるだろうと雑談。

あ、そういえば師崎でゴンズイなどという毒魚を釣ってしまった。
刺されないように慎重に外した。
IMG_2621 (2).jpg


昨日、釣行で面倒を見てやれなかったキアゲハ幼虫のために、今朝は菜園へパセリの収穫に行った。
乗車前に庭のレンギョウの葉に羽化したばかりのような蝶が。
IMG_0989 (2).jpg

私の幼虫は蛹化はしたので、いよいよ飛び立つのだろうか。
IMG_4986 (2).jpg
大きな籠網に入れていて、羽化した場合にどのようにリリースしたらよいのかを考えていなかった。チャック部分が短いのである。

夕食は昨日下処理しておいた魚と菜園の野菜づくし、自給自足をしている感じ。
P1140373 (2).jpg

P1140374 (3).jpg
ハゼの唐揚げも最近少し上手く作れるようになった。
明日は魚の煮つけになりそう、白身なので薄味だな。

うーん、今夜は羽化した場合のリリース法を考えながら眠ることになりそう。



nice!(37)  コメント(10) 

釣り人 [釣行記]

8月22日、例によって愛知県知多半島へ釣行しました。
釣った魚はいつものとおりなので、今回は別のお話です。

知多半島河和のこの堤防、あまり釣り人が来ることはないのですが珍しく先客がいました。鳥が後でその人を眺めていたので撮ろうと思った時、飛び立ってしまいました。
IMG_2562 (3).jpg

「おはようございます」と、声をかけたのですが聞こえなかったようでした。でも、まぁ円満に離れた位置でそれぞれ楽しんでいました。
海を観ていると、昨日までの鬱陶しいこともとりあえずは忘れられます。

この灯台付近でカサゴ10匹釣ったら止めようと考えていて、11匹で引き上げて移動しました。

また1人だけ先人がいて、「こんにちは、釣れますか? 」と挨拶したら、「お前、向こうへ行け! 」と言われました。先に居ると自分の陣地のように思っている高齢者は多いようです。
菜園の駐車スペースでも、真ん中にど~んと止めて譲り合おうとしない高齢者がいます。

追っ払われたので近くの次の場所へ移り、やっとハゼが釣れ始めた直後に老人と小学3年生くらいの3人が来ました。
子どもが老人に「鈴木さ~ん」などと呼んでいるので、譲ってあげて隣に座った鈴木さんに「ご近所の子どもさんらを連れてきたのですか? 」と訊いてみました。
隣家の子どもらとのことでした。
IMG_2579 (2).jpg
2週間前にはハゼを60匹ほど釣ったというこのグループは、今日は全く駄目なので遊び始めました。
メダカを梳くって嬉しがり、私の周りをうろつく時もきっちり挨拶し、「ありがとうございます」などと、ちゃんと言います。
IMG_2580 (2).jpg

私は、ここで26匹釣るまでの時間が100分も要したので、今度は狙いを替えて移動しました。
そのグループは、次はザリガニ取りに鈴木さんが先導していました。

移動した私は、1時間で20㎝と18㎝のベラをゲットしたところで、12:30です。
12:45からの「なつぞら」を観なくては。
今日は、いいところのはずと思い録画にはしたくなかったので、車内で観ました。
想像していたいいところは明日のようです。

帰りの南知多道路の入り口は南国ムードでした。
IMG_2594 (2).jpg


ペラ2匹。
IMG_2599 (2).jpg


夕方、予約していた整形のマッサージとウォーターベッド。
施術開始前も終了して立ちあがる時もめまいが。
熱中症を疑った看護師さん「めまいがするときは水を飲んでね」
「帰ったらビールを飲むよー」
「ピールでは駄目です」

看護師さんと医師は真面目がいいですねぇー。
でも、本当にビールと焼酎水割りで治ちゃいました。

nice!(38)  コメント(12) 

釣りです [釣行記]

昨日(7/22)は釣りに行ってきました。
本当は、潮周りや天候などからしても今日(7/23)に行きたかったのですが、自分の都合だけでは家庭の平和が保てません。
今日はど~んと、色々あった昨日のことを釣行記として残しておきたいところですが、今日は今日で色々あって、もう眠りたい時刻です。
でも、賞味期限の問題もあるので、ちょっとだけ記しておきます。

愛知県知多半島河和港近辺のAポイントの釣果。
あっ、狙いはファミリーフイッシング向けのハゼですよ。
IMG_2520 (2).jpg
昨年得た情報では、このAポイントで8月に16㎝級のハゼばかりが50匹以上と、信じられないようなものでした。遅れてはならじと思い、7月のこの日の第1目的はここにしたのです。
残念ながら結果は10㎝級ばかりなのでBボイントへ移動です。
何度も来ていた鉄橋近くのこのAポイントで、一度撮ってみたいと思っていた電車の写真をやっと撮ることができました。
IMG_2495 (2).jpg

近くのBポイントの釣果です。
IMG_2521 (2).jpg
若いころの8月に、6時間でハゼ273匹の記録が残されています。この日はどうかなと、10匹単位でちょっと遊んでみました。

20匹釣った時点の10:54からスタートです。
IMG_2506 (2).jpg

次の10匹を釣ったのは11:22なので28分を要しました。
IMG_2507 (2).jpg
途中、糸切れのアクシデントで約5分を要していますが、そういうトラブルも含めての記録ですから言い訳はなしとします。

計算すれば、273匹は今の私にとっては破ることのできない大記録なのでしょう。

Aポイントがこの日の目的であって、その結果はすでに分かっているので、Bの後はその近くの灯台付近の探りも入れてまいりました。
IMG_2522 (2).jpg
あわよくばベラやタケノコメバルの手のひら級を数匹なんて思っていましたが、カサゴばかりで思うようにはいきません。
この日の全体的な釣果については、概ね予想どおりというところかな。

霧雨のような雨が時々ありましたが、帰宅後に分かったことでは、我が家の近辺の方がよほどたくさん降ったようす。
現地の天候は、概ねこんな感じ。
IMG_2511 (2).jpg

太陽は全く見ることがなかったのですが、何と顔も腕もよく日焼けをしています。潮焼けなのでしょうか。
元々、色黒だった若いころは、「よく焼けているねー」となんて言われた時は「日焼けしやすいタイブです」などと、言い訳っぽく説明していたものです。
今となれば、なんでもないことを気にしていたようです。
nice!(47)  コメント(12) 

メジナは遠くなりにけり [釣行記]

43年前、独りで始めた釣りは、あれもこれもと模索していた。
主な目的は、休日の仕事からの解放であったのでそれでよかった。
堤防釣り一筋。
その1年後は、毎年10月から12月までの3か月間は静岡県清水港へ月2回出掛けたほど熱中していた。
大潮または中潮の土曜日に出発して翌日曜日の午前中に帰宅する。
狙いはメジナ(グレ)であった。


やっぱり独りで始めた若い釣り友が、模索している。
愛知県知多半島でメジナが釣れているらしいと言うので、昨日(6/18)未明、片名漁港へ行った。
満月の大潮である。

2:55 雲り
IMG_0478 (2).jpg

もう少し私が若くて、清水港のメジナを続けていたのであれば間違いなく清水港折戸湾へ案内していたのだが。
34年前の昭和60年秋、いよいよ今シーズの始まりと思っていた時、仕事で大きな事件に見舞われたため、その直後は土日も出勤の日が続いた。
釣りどころではない。解決まで2年を要したので、結局、あの時から定年退職するまで釣りから離れてしまっていた。

4:03 釣り餌店から見た日の出前
IMG_2406 (2).jpg

4:32 コンビニの駐車場から
IMG_2413 (2).jpg

4:50 釣り開始、満潮が5:49なので勝負は2時間
IMG_2417 (2).jpg

釣果
IMG_0499 (2).jpg
カサゴ・メバル・タケノコメバル・赤ベラ・青ベラ・アイナメ・ハセ゛など。
風速1メートルの曇り日だったので、この時期としてはありがたい環境であった。

IMG_0509 (2).jpg
小サバ釣りは遊び、30匹で打ち切り。

1度グッグッと手ごたえがあり、横へ走った大物が。
IMG_2424 (2).jpg
フグで横へ走られた記憶は無いので、メジナかと一瞬思ったのだが残念。
食べられるものなら、お持ち帰りなのだが。

海に感謝して、いつもの生青のりを購入。
IMG_2426 (2).jpg

古い釣行記を開いてみたら、昭和52屋年10月1日 愛知県知多半島矢梨港で100グラム級メジナ6尾、アイナメ10、メバル多数と記してあった。
矢梨港のことは、すっかり忘れていた。
それでも清水港ならば400グム~600グラム級が概ね常に臨めたので、格段の差。

この後、なぜ釣りから家庭菜園の趣味に繋がっていったのかを書いていたのだが、また途中保存を忘れて消えてしまった。
365回以前は再挑戦したのだが、もう今は、次の機会に譲ることにした。

不調だったシャキットキュウリ、原因を追究しながら下葉を整理して風通しをよくしたので復活したと思われる。
今日6月19日夕方の状態。
IMG_0510 (2).jpg
曲がっているのは肥料切れではなく、下がつかえている為。
重量130グラムだったので、ちょうど食べごろであった。
nice!(46)  コメント(18)