So-net無料ブログ作成

タラの芽 [食事]

1月18日、予報どおり未明に少雨はあがり良かったと思って車を移動させました。今日もシニア対策工事のために早起きして確保できている駐車場への移動でした。
昨日(1/17)、下見に来てくれたガス工事の人に、そうしておきますと自ら言っているからなのです。
つまり、今日のガス工事の人のためにまだ使用できる自分の駐車場を開けておいたわけです。
ところが、知らされていた9:00になっても工事に来ないのです。

数日前から、家人と自分のために白板を利用しています。
以前話していた卓上日記では、小さくて見落とすこともあるからです。

昨夜(1/17)、記入しておいた白板。
P1000984 (2)_LI.jpg

今回のシニア対策工事を請けている元請け会社に、ガス工事がある場合は当地のテ社を使ってやってもらいたいとお願いしていました。以前からガス工事はテ社にお願いしますとテ社の担当者に頼まれていたからです。
本来のシニア対策工事は、今日(1/18)は休ませてもらうと知らされていたので、近年は工事の人も土、日休みの働き方改革なんだとも思っていました。
ところが紹介してあげたテ社の担当者が昨日来て、「明日(1/18)9:00からガスメーターの移設工事に来ます」と言っていたのです。
わたしとしては、早く工事を進めてくれることはありがたいことです。

9:30になっても来ない、我慢強い(?)私は10:00まで待とうとしたのに我慢できず9:45にテ社に電話しました。
会社から連絡があったテ社の担当者、「昨日、(詳細確認のために)元請け会社と連絡がとれず、今朝8:00にやっと連絡が取れて、今日はガス工事は致しません」と。

この人たち、誰のために仕事をしているのでしょうか?
アニマルボイスさんに新語大賞を授与した「安倍僕」たちと同じですよぉ。
元請けは、私が紹介した下請け会社となったテ社の作業スケジュールを優先させた作業工程のようなので、私から苦情を受けるはずもないだろうし、私も言うつもりはありません。

当市は、ほんと役所から民間会社や郵便局(郵政問題があるのであえて)までみんな甘いです。
当市は長く自然災害がないので、危機管理意識がすべての面で欠如しているとしか思えません。
テ社の担当者には、「客が業者に配慮しているのは逆でおかしくないか」とお説教しているのですが・・・。


わたしの生きる目的の一番は、家人より長く生きることで、シニア対策工事もそのためのものです。
二番、美味しいものをいただくことです。
白板に書いておいた、今日の夕食の「タラの芽の天ぷら」、男の料理のレパートリーを広げるために予定していました。

昨日、スーパーでタラの芽を見たので購入しました。
P1000985 (2).jpg

35歳くらいの頃、岐阜県高山市まで関連会社の社長と出張したとき、仕事が予定よりも早く終わったのですが、帰りの電車までにはかなり時間がありました。
もう終業時刻頃だったので、食事でもと入った店の「タラの芽の天ぷら」の美味しかったことが今でも忘れられません。あの味を追い求めていたのですがどこにもなかったので、自分でやってみることにしたのです。
P1000988 (2).jpg
けっこう良かったと思うのですが、まだ高山の味ではありません。
タラの芽の旬は今頃でしたかねえ、春だったように思うのですが。

出張先で早く仕事が終わったからというと、首相補佐官と厚労省の審議官が思いだされます。

明日の予定を、白板に書きました。 
工事  休み
昼食  五目炒飯
夕食  甘エビ、いかの淡酢〆、茶碗蒸し、ポテトサラダ


今場所観
豪栄道、火事場の底力のように力強く踏ん張りましたね、もっと期待しちゃおうかなぁ。


nice!(38)  コメント(18) 

冬野菜収穫 [食事]

12月8日、名古屋の最低気温は、今シーズン最低の2.9℃だったようです。
午前3時に目覚めて、その後本を読んだりムニャムニャと半分眠ったりしていたのに、それほどの寒さは感じませんでした。
午前11時には、暖かかったので菜園へ水やりと収穫に行ってきました。
暖かい陽をあびると気持ちもゆったりして、快い日だったと思います。

聖護院カブが約1ヶ月遅れでやっと収穫できて安心です、が、まだ小さいです。
カリフラワーは、予定どおりの初収穫で、美味しいのではないかと思って持ち帰りました。

P1000182 (2).jpg
ネギはまだ細いのですが、いっぱいあるのでネギ焼きにしようかと、抜いてきました。

聖護院カブの半分は、半月切りにして塩を振っただけ、カリフラワーは塩ゆでです。
P1000188 (2).jpg
シンプルであることが、作物の評価を正確にできます。
聖護院カブは、やっぱり成長過程で何かあったようで、滑らかさというかしっとり感がないようです。
カリフラワーは、甘くてnice! でした。

聖護院カブの半分は、浅漬けにして食後の漬物です。
P1000184 (2).jpg
千枚漬けにはほど遠かったので、もっと大きくなった時にちゃんと千枚漬けにしようと思います。

ネギは細かったものの、まずまずでした。
P1000190 (2).jpg
食べたのは野菜だけではありませんので、念のため。

夕食後、家人から「福ちゃんのハンサム写真が撮れました」とカメラごと投稿があったので、家庭平和のため掲載いたします。
IMG_0989 (2).jpg
私は、先日友人宅でトイプードルのロクちゃんに会ってから、再び火がついてしまって、もう一度飼いたいと提案したのに強い反対意見にさらされています。

最高気温は14.4℃に達したようで、私も裏起毛シャツ2枚で過ごすことができました。
室内育成していた寒蘭4鉢を、久しぶりに屋外に出してたっぶりの水をあげましたが、夜も更けたのでそろそろ取り込んできます。



nice!(36)  コメント(14) 

ハゼの天ぷら [食事]

9月16日、先週12日に釣ってきたハゼの下処理を済ませたままで、まだ食べていない。
これまでハゼの定番は、唐揚げ・塩焼き・甘露煮としていて、一度天ぷらをやってみようかと挑戦した。
天ぷら屋さんでもキスはあっても、ハゼに会ったことがない。
男の料理で、天ぷらはまだ作ったことがないので自信はないが、衣が勝負かなと思っていた。

レシピに従って10匹を用意した。
P1150008 (2).jpg
背開きがうまくできるかどうか分からないので、天ぷら粉作りは後に回した。

中骨を取り除くことが難しくて、要領を覚えたのは7匹目からであった。
P1150009 (2).jpg
中心に置いてあるのは中骨なのだが、細かくなってしまった。

一応は天ぷらにできそうだと、自分でOKを出したので天ぷら粉を作る。
P1150010 (2).jpg
卵1個、冷水200cc、薄力粉140グラムとあったのだが、薄力粉が多いような気がしたので100グラムに減らした。

天ぷら粉が多くなったようなので、玉ネギとオクラとナスも切ってみた。
大葉もあるといいなと思い、菜園へ採りに行く。
P1150012 (2).jpg

さて、出来上がり。
P1150014 (3).jpg
まるで唐揚げのようなできになってしまった。
一番美味しかったのは、玉ネギであったのは皮肉。
大葉は比較的うまくいったと自己弁護。
ポイントは衣だけではなく、細目にカスを取り除き、油はいつも綺麗にすることが重要だ、などがよく分かった。
しかし、一生懸命やって腰が痛くなっていては、やっぱり天ぷらはプロにはとても太刀打ちできないと思う。
美味しいものをいただくことが2番目の生きる目的なので、色々やっているが。

世界最高年齢の116歳だとかの日本人女性、チョコレート・コーヒー・炭酸飲料を好んでいるらしい。しっかりとした口調で大したものである。
私はあと40数年かかるのだが、あと20年くらいチョコレートと炭酸飲料もど~んといこうかと思う。

久しぶりの「渡る世間は鬼ばかり」、我々世代の時代に合わせた世間の流れを汲み取っている。
石井ふく子さん、毎回タイムリーな問題をテーマにしていて面白い。

今日は、敬老の日だったのだ。






nice!(39)  コメント(17) 

ナス料理 [食事]

作夕(6/23)のこと。
菜園の収穫が色々始まり、作っていないズッキーニをいただいたりしたのでレシピを探していたら、ナスとズッキーニを合わせたレシピもあったので家人と分担して作った。

材料
P1130178 (2).jpg
賀茂ナス、大葉、千両二号ナス、いただいたズッキーニ。

私が作った「賀茂茄子の味噌田楽風」
P1130180 (2).jpg
茄子田楽は、結果的にレシピに反して、焼く際の油はほとんど無いくらいにし、蒸し焼き用の水は日本酒少々の方が良いのではと思った ( ..)φメモメモ。
新鮮なので水分が多いから。
味噌・砂糖・みりんを煮詰めて作った田楽味噌は市販のチューブ物で十分だと思った。
手間をかけるほど大差がないから。
シャキットキュウリは私、インゲン豆と中玉・ミニのトマトは家人。
とはいうもののほとんど切っただけの代物。

家人が作った「麺つゆで茄子とズッキーニの煮浸し」
P1130182 (2).jpg
麺つゆが若干濃かったかな。
大葉はわざわざ収穫に行った甲斐もなく、入れなくても変わらないと思う。
パセリがふんだんにあるので家人が添えたようだが、意外と効果的であった。
シラスおろしは私がと言うものの、作った春大根をおろしただけの代物。
シラスは先日の釣りの帰りに「魚太郎」で購入しもの。

見た目の色合いをよくしないといけないが、おそらく炒めすぎと煮すぎだったと思う。
しかしながら、いずれも新鮮であったがゆえに合格点には達していると思う。

男の素人料理家は講釈がウルサイ (-_-)/~~~ピシー!ピシー!

料理中、福ちゃんが拗ねているのか、ふて寝をしていた。
P1130184 (2).jpg

花見は朝だけのようである。



nice!(46)  コメント(12) 

回転ずし [食事]

5月10日、燃えるゴミを出して、菜園でキヌサヤエンドウをすべて収穫した。その後の畝は早速耕しておいたので1週間ほど経ったら、小玉スイカ・ミニメロン・ミニトウガンを植える予定。いずれも昨年初挑戦して成功しているので大丈夫と思う。

キヌサヤエンドウ最後の収穫。
P1120717 (2).jpg

玉ネギも3個、計40個ほどか。
P1120718 (2).jpg

先日、家人用の花壇の冬物植物を整理したので、夏用植物と野菜苗の購入にホームセンターへ出かけた。

夏用植物
P1120732 (2).jpg
サフィニア4色・アフリカンマリーゴールド2色・房咲きアサガオ(突然変異亜種)

野菜苗の追加購入
P1120736 (2).jpg
前列、小玉スイカ赤と黄色・ミニメロン・ミニトウガン
後列、八条オクラ・大玉トマト2種を追加

そういえば、GW中はどこへも出かけず外食もしていないので、昼食は回転ずしにした。
我が家の周辺には半径1㎞の半円内に回転ずしが5店舗もある。一番新しい店は昨年11月にオープンしたやや高級店舗である。
なぜこんなにも多くの回転ずし店舗があるのか、しかもどこも満員であることが不思議でならない。

P1120722 (2).jpg

P1120728 (2).jpg

とろ鉄火
P1120729 (2).jpg

炙りホタテ
P1120730 (2).jpg

こういうお店が満員なのだから、皆さんリッチなのだと感心する。
当地へ移り住んだ30年前、歩いて行ける距離に魚屋さんの直営回転ずし店があった。月1回の外食デーに利用していたが、あの頃が回転ずしの走りだったのだろうか。
転勤で離れていた9年後は、その店はもっと市街地に移転していたようだ。
その後乱立しているこの業界は、まだまだ発展しそうな気配がする。

nice!(49)  コメント(10) 

男の料理超簡単編 [食事]

3月25日、朝方は異常な寒さを覚えたが、お昼前は暑いくらいであった。
大関昇進確実の貴景勝がテレビを賑わせている。それにしても千秋楽で栃ノ心と貴景勝、どちらにも勝たせてあげたい世のめぐりあわせ。
若い貴景勝に、それを突き破る勢いがあったのだろう。
栃ノ心には、来場所の10勝を期待したい。


近くの郵便局駐車場横の空き地法面にムスカリの団体がいた。雑草ばかりの法面のうえ、隅っこなので気が付く人も少ないと思う。こんな荒れ地にムスカリは頑張っているのだと思うと貴景勝が浮かんでしまった。
P1110777 (2).jpg

先週末、郵便局の地域の作品展コーナーに置いてある「屋久島アセビ」の引き取りを、自身の検査のことで忘れていた。未熟と反省しつつ郵便物もあったので、桜とレンギョウを持って出かけた。局長がアセビの水管理をちゃんとしていてくれて良かったというか、彼も盆栽に興味を持ったように窺える。
小さな郵便局内の片隅に、鉢植えの花が置いてあるというのもよろしいのではないかと、勝手に思っている。

今日は、大切な仕事がある。先週の冷えと検査で延ばしていたそら豆とスナッブエンドウの定植である。
定植前に、早生品種のタマネギの早採りをした。一ヵ月近くも早いと思う。
P1110781 (2).jpg

バセリと合わせて収穫。
P1110787 (2).jpg

そら豆とスナッブエンドウの苗各4本を、しっかり植えて支柱を立ててネットも張った。結構汗ばんでしまったが腰を含めての体調は軽々としていた。
P1110791 (2).jpg
手前4本がスナッブエンドウ、蛇足ながら奥4本がそら豆。

夕方、超簡単男の料理の開始、最優先で取り組んだ一品。
茎も表面も大きく切り落とし、ざっくりとと刻む。
P1110802 (2).jpg

水に晒してお皿を用意。
P1110803 (2).jpg

花かつお、パセリ、うす塩醤油をかけてできあがり。
P1110806 (2).jpg

家人と早食い競争のごとし。
新鮮なうえにとても甘い。
P1110808 (2).jpg
P1110810 (3).jpg

残った醤油にタマネギのマッタリとしたエキスが混ざり、これを私が飲み干す。
最高である。
P1110812 (2).jpg
因みにこのお皿は自作である。重いので家人は使ってくれない。
食器は軽くなくてはいけない。

ちょうど夕食が終わった時、関わっている同人誌「山波」の事務局からスマホが鳴った。100歳と聞いてる最高齢同人の菊池さんが旅立たれたらしい。
いつも出席していない合評会に、次は「参加されたい」とのこと。
なにはさておいても行かねばならない。
だって、191号の先号に108回目の連載文を書いて、少なくとも27年は「山波」に関わっていた人である。                             合掌
nice!(57)  コメント(20) 

男の料理漬け物編 [食事]

3月15日、菜園の生ゴミと家庭ゴミ合わせて計6袋のゴミ出し。当地では火曜日と金曜日が燃えるゴミの日です。
中2日にあたる金曜日は集積場のゴミも少なくて出しやすいです。中3日の火曜日は、皆さんが集積場の手前に出しておくので奥の方へ入れるのが大変です。カラス除けのネットが覆ってあるからです。


2週間ほど前に菜園の白菜を収穫しているのですが、あまり長く置いていてもまずいし、収穫したばかりのダイコンなど素材は揃っているので昨夜、レシピを探して調理時間15分でできる「ダイコンと白菜の蜂蜜レモン風味」に挑戦しました。
漬け物は聖護院カブの千枚漬けで手指をケガして以来です。
P1110579 (2).jpg

レシピにある材料は2人前
大根    150g
白菜    150g
塩     小さじ1
レモン汁  大さじ2
蜂蜜    小さじ2

白菜は3㎝幅のザク切り、ダイコンは薄い半月切りにし、ボウルに入れて塩を加えて揉んで10分ねかせます。
P1110585 (2).jpg

水分を切って袋に入れました。
P1110589 (5).jpg

レモン汁と蜂蜜を加えます。
P1110587 (2).jpg

よく揉んで空気を抜いて30分ほど常温で漬け込んで完成です。でも、所要時間は25分かかってしまいました。プレバトを見つつ聴きつつだったからでしょうか。
P1110592 (2).jpg
おまけに常温ではなく冷蔵庫に入れてしまいましたが、味は変わるのでしょうか。

今日(3/15)日の昼食で味わってみました。
P1110594 (3).jpg
自分で云うのもなんですが、中々いい感じでした。若干甘いので次は蜂蜜を減らそうと思います。辛いのが好きな自分の分には「輪とうがらし」を振りかけましたが、ほとんど影響はありませんでした。
例年の冬は、何度も好物の鍋物をやっていたのですが、今年はなぜか鍋物機会が少なかったので白菜が長く待っていてくれました。


今日の1石です(「小さい石の展示会」から)
IMG_3028 (2).jpg
長野県奈良井川石  石銘 「無名」  豊田市長賞 水盤石石の部
何か品位のある銘を付したいですねぇ。

まだまだあるのでもう1席
IMG_3030 (2).jpg
福井県越前前紋石   石銘 「北国の春」

同じような紋様石が
IMG_3021 (4).jpg
石川県能登海岸石   石銘 「流星群」

夕食後、また「ダイコンと白菜の蜂蜜レモン風味」を昨夜の1.5倍作ってしまいました。今回はいちいち計量することなく、すべて感覚的に投入したので早くできました。
nice!(45)  コメント(18) 

ビーフシチュー [食事]

2月23日日、よく晴れて強風であったが寒くはなく、夕方ごろには風も収まった。

男の料理を始めて1年強になるかな、一時止めていたが最近では概ねレシピなしでも味つけができるようになっている。
ビーフシチューを一度作ってみたいと思っていて、チャンスがきたので、久しぶりにレシピをプリントして挑戦した。
P1110495 (2).jpg

ニンジンの横は赤いジャガイモ、白いタマネギは自作の早採り。
P1110489 (2).jpg
適当に、冷蔵庫に残っていた揚げ、赤大根、山芋など次から次へとあれこれも注ぎ込んだ。

さらにネギも加えて、材料を乱切り。
P1110490 (2).jpg

トマトの切り置きもあったのでこれも入れよう。バターはレシピにあるのを忘れていた。
P1110493 (2).jpg

まずは、肉を油なしでさっと焼く。
P1110492 (2).jpg

お湯に溶かした固形スープの素を入れて煮立ったらアクを取り、野菜類を投入して煮込んだ。
P1110494 (2).jpg
煮込むにあたり、赤ワイン・日本酒・ウスターソース・みりん極少・ケチャップなどなんでも入れてやろうとテキトーであった。

レシピでは総煮込み時間1時間強であったが、44分の煮込みで打ち切った。
ちょっと多すぎたかと思ったが、先に家人がペロリ。私もおそらく残すだろうと思っていたのだが完食した。
普段少食の家人が完食したのは、口には出さぬが合格点であったのだろうと思っている。
私自身も「いい味している」と発言すると、「また、自画自賛している」と云われかねないので自重していた。なんだか静かな夕食であったが、美味しかったー。
このところ、完全に家人が盆栽の水やりを続け私が料理、明日は交代しようかと思っている。
そろそろ盆栽の手入れの時期である。


nice!(60)  コメント(18) 

霧下そば [食事]

2月19日、久しぶりの雨が、強くはないものの1日中降ってくれた。盆栽や菜園にはありがたいのだが腰にはとても厳しい。
腰痛が始まって10年ほどになるが、私の場合はこれまで天候とは無関係であった。ところが昨年の初秋頃から、どうも雨の降る前日と当日がとても辛い。この時の辛さは理学療法士さんの施術とか湿布薬とか温カイロなどの外的療法も効果がない。
かといって手を打つ術がないのでじっとしているとさらに悪化する。つまり、これまでなかったことに遭遇しているので、新たな対応法を模索していくしかない。


一昨日の昼食で、友人からもらった「霧下そば」を茹でて、肉そばというかテキトーそばを作ってみた。
P1110341 (2).jpg
時間単位生産量が少ない低速回転の石臼で挽き、地粉を丁寧に作っているというもの。

P1110320 (2).jpg
そば以外には、弟からもらった鳴門の糸わかめを利用。

おつゆは、創味つゆを希釈してほんの少しだけ味りんを投入。
P1110344 (4).jpg

茹で上げ。
P1110323 (2).jpg

P1110325 (2).jpg
牛肉がなかったので豚肉を使用、ネギは自作の下仁田ネギ。

テキトーに作った肉そば、結構なお味でした。そばもさっばりとして清々しい感じ、友人の近くのお店がそば打ちをして作っているものらしい。
昼食は、麺類が多くなっているが毎日でも構わないと思っている。

nice!(61)  コメント(23) 

男の料理簡単編 [食事]

1月8日、吉田沙保里選手が引退声明、納得できるものの残念な気持ちも残る。ともあれ、記者会見を待つことにしたい。
「夕食は私が作るから」と朝、宣言してしまった。


1月5日から事情があってローラーをかけている。新入社員のころ営業職でもなかったのだが、ローラーをかけたことがある。会社としては社員教育でやったことであろうが、自分としては一件でもという思いはあった。結果は見事ゼロ。
50年ぶりに自らローラーをかけている。50年の人生経験と仕事ではないという意識なので客観的に見られる。50年前の経験も、少しは参考になっている。

IMG_2133 (3)_LI.jpg

午前中、昨日購入したプリンターの「とりあえずセット」だけをしてコピーを可能にした。午後からは真面目にローラーをかけていたので、何の撮影もしなかった。
よって、男の料理簡単編になったしだい。今日のメインは、「鶏大根しっかりしみる甘辛煮」である。こういう素があるので私にでも簡単で、適当にアレンジもできる。

IMG_2122 (2).jpg
大根も下仁田ネギも早採り絹さやも収穫してあったので、よかった。

IMG_2127 (2).jpg
揚げ、下仁田ネギはアレンジ。

IMG_2130 (2).jpg
特製だしで煮込んだが、ちよっと寂しいので牛肉も少し投入、甘辛しょうゆだれを加え完成。

IMG_2131 (2).jpg
約20分でそれなりの味になったのでホッ、と。

かくして218回連続更新ができた。
ローラー作戦の顛末は数か月後に報告できると思う。しばらく不透明な記事も多いと思うがご容赦願いたい。この作戦は無駄が多いが大切なことなのだろう。




nice!(60)  コメント(12)