So-net無料ブログ作成

四角鉢は失敗しました [陶芸]

10月5日、久しぶりに早朝に菜園へ行ってみたが菜園利用者が減っているように思う。
市民のためにと云いながら、市民目線を持たず自分らの都合(解釈)でしか行動しない管理者に、不審がつのるばかり。



お昼前に、本焼きが終わっている(完成した)タタラ作りの四角鉢を工房へ取りに行った。思ったとおりのいい色が出ていた。
P1080237 (3).jpg

9月9日成形を終えて、9月30日の素焼き後の釉薬掛けを予定していた。その前日の9月29日朝、工房から電話が入った「明日の釉薬掛けは、台風24号の接近に伴い中止になるかもしれないので、よければ今日にされたらどうか?」と。この機会を逃すと完成を見るのは11月になる。幸い今回の作品は四角鉢1点のみなので、短時間にできると判断して出かけた。
先回、成形した作品の素焼きができているので、それに釉薬をかけるのである。

↓ 先回、成形を終えた直後の姿。
IMG_1866 (3).jpg

↓ 素焼きを終えた作品。
P1070939 (2).jpg

これに淡い青色を出したい。今回は赤い土を使い成形しているので、織部釉薬にナマコ釉薬を軽く掛けると淡い青が出るはずである。

まずは、表面にペーパーを掛けて表面を整える。
P1070942 (2).jpg

サイン入れ、間違えられるので必須。
P1070944.jpg

鉢の内側には、水分を溜めないように釉薬を掛けないので撥釉剤を塗布。
P1070949 (2).jpg
勢いあまって塗らないところへ塗ってしまったので、その部分は再度ペーパーで削った。

織部釉薬                ナマコ釉薬
P1070946 (2).jpgP1070947 (2).jpg

織部釉薬バケツに入れ、しばらくしてからナマコ釉薬に入れ二重掛けする。二重掛けの場合は高温の窯内で釉薬が垂れやすく、窯板に付着してしまい窯板から取れなくなることがあるので要注意。
ナマコ釉薬は特に垂れやすいうえ変化のしやすい薬なので難しい。ちょっと厚く掛け過ぎた感じがする。

釉薬が上手く乗らなかった部分も生ずるが、指に釉薬を付けて垂らせば問題なし。
P1070951.jpg

表面上の気泡程度のものは指の腹側で軽くこすっておけばよし。
P1070956.jpg

高台部にもしっかり釉薬が掛かってしまった。釉薬が垂れて窯板に付着ししまう可能性が大きい。
P1070953.jpg

高台部の釉薬を垂れてもいいように少し削った。
P1070955.jpg
2年間のブランクがあるので、このあたりの削り幅についての感覚が蘇らない。
P1070955.jpg
削り幅がまだ足りないかもしれない。

1300gあったが、鉢は食器と違い重くても大きな問題はない。
P1070952.jpg

さて、本焼きを待つのみとなったが。
P1070957.jpg


失敗であった。
P1080243.jpg

危惧していたとおり釉薬掛けが厚過ぎて、垂れて窯板に付着し取り外すことができなかったのであろう。高台が破損してしまった。
P1080241.jpg
個人教室であれば、マイナスドライバーで根気よく付着部を叩けばポロリとはずれることもあるのだが。

許容範囲ではあるが細部についても釉薬のかからなかったところもあった。
P1080240.jpg

2年間のブランクは、釉薬掛けの最終段階の感覚が戻らなかったところで問題になったようだ。
今月、再チャレンジのファイトが湧いてきた。
nice!(47)  コメント(10) 

意外と難しかったタタラ作り [陶芸]

陶芸を辞めて2年後の先々月、ロクロ作りで再開した時は、体が覚えていて心配したほどでもなく、簡単にメインの鉢ができました。
ロクロよりも簡単で陶芸初期の時は、タタラ作り一本やりで取り組んでいました。今日、9日はロクロではできないタタラ作りで四角鉢を作ってみました。

↓ タタラで作った四角鉢
IMG_1866 (2).JPG

タタラ作りとは、板状にした土をそのままお皿にするとか、何枚もの板状にした土を貼り合わせて造形物にする手法です。
土を均一化するための菊練り作業はロクロ作りの時と同じです。菊練りした土を1cmのタタラ板を利用して伸ばし棒で、土を板状にします。
IMG_1841.jpg

寸法を測って同一のサイズに切りそろえます。
IMG_1843.jpg
本来であれば事前にダンボールなどで、形を作っておけば簡単に切り揃えることができますが、「簡単なんだからすぐにできるよ」と、舐めていたことは否めません。

寸法計算を間違えてカットしたり。切る時に土板が曲がってしまったりと苦労しながら、4枚の側面用の板と底板を作りました。
IMG_1846 (2).JPG

土を薄くしたドベを糊として、接着面を補強する紐状の土を利用して貼り合わせます。
IMG_1857.jpg

ドベ
IMG_1847 (2).JPG

すべての接着面に切り込みを入れてドベを塗り、紐を押さえながら接着します。
IMG_1855 (2).JPG

貼り合わせましたが、一面の寸法が若干大きかったようで、ややひずみが生じています。
IMG_1858.jpg
四角い作品は本焼き後に内部へ曲がることがよくあるので、まあーいいやと直しは無し。

底穴を開けて、4個の高台を付けましたが同形の高台作りは難しく、写真を撮ることも忘れたほど熱中していました。こうしてみるとロクロ作りの時の切り高台は付け高台と比較するととても楽です。
IMG_1863 (2).jpg

細部を色々手当てして完成させたのが冒頭の写真で、作りたかった鉢はこの鉢です。
P1070044.jpg

一応の成形はしたものの、素焼きを終えたところで高台が離れそうな予感がしてなりません。付け高台が離れてしまっ場合の修正法によっても、上手くいかなかったことを何度も経験しています。

陶芸を再開してロクロが上手くいったので、タタラ作りなど3時間もあれば十分と思っていたのに、意外とめいっぱいの5時間かかりました。考えてみればタタラ作りからは4年以上離れていました。
しかしまだ、高台だけ上手く付いていてくれれば、釉薬をかけて名(迷)作ができるかもしれないと淡い期待が・・・
nice!(22)  コメント(7) 

本焼き完成 [陶芸]

先月、2年ぶりに再開した作陶で、植木鉢(織部)・飯茶わん(下絵描き)・成形に失敗し変わり小鉢(伊羅保に黒天目の流し掛け)にした作品、3点が完成しました。今月の作陶はスケジュールが合わず休むことにして、8月8日に作品を引き上げてきました。

成形
https://bontsusha.blog.so-net.ne.jp/2018-07-10

釉薬掛け
https://bontsusha.blog.so-net.ne.jp/2018-07-26

さて、3作品のできばえの確認と最後の仕上げです。仕上げの作業は自宅でできます。


↓ 織部の植木鉢
P1050280.jpg

本焼き直後の織部釉薬は、ややくすんでいるのでクエン酸を溶かした水の中に浸しておくと綺麗な緑色に発色します。
P1050294.jpg

↓ 発色した織部鉢
P1050305.jpg

↓ 同拡大
P1050309.jpg
織部鉢については、2年間のブランクを感じさせないほどの成功であったと喜んでいます。


家人のための飯茶わんは、230グラムと重すぎました。せめて180グラム程度にしなければ食事中の手にやや負担がかかります。成形時にもう少し薄く作ることと透明釉薬を掛ける時間を少し短くして釉薬も薄くしたいところです。1、2、3の掛け声の間に掛ける要領を忘れていたようです。
↓ 椿絵の飯茶わん
P1050282.jpg
描いた椿絵にも勢いがなく、久しぶりなのでビビリながら描いた感じが否めません。
構図的にもよろしくないようでした。

↓ 2年半前に描いた湯飲み茶わんの椿絵
P1050283.jpg

飯茶碗はどうやら気に入ってもらえず、小鉢として「べったら漬け」が入っているのを冷蔵庫内で目撃してしまいました。


もう1点は、ロクロ成形に失敗したものの何とか作品にした変わり小鉢。赤伊羅保釉に黒天目釉を流し掛けしました。この釉薬掛けは2年前に失敗しているので再挑戦でした。
↓ 赤伊羅保釉の変わり小鉢
P1050288.jpg
垂れやすい黒天目釉薬の流し掛けは、サッと掛けた点では成功といえます。しかし、全体的に赤伊羅保の釉薬飛びが目立っていました。この釉薬は重くて難しいので、まだまだ研究を要するようです。いっそ、諦めた方がいいかもしれないような難しさを感じています。

↓ 2年前は黒天目の流し方が若干長かったので内部に垂れ過ぎました。
P1050289.jpg


ところで、花瓶とか湯飲み茶わんなどを作った場合は、私程度の技術ではほとんどの場合水漏れが生じます。先生に訊くと、多くの場合、米のとぎ汁を入れて2、3度繰り返せば良いと云われていましたが、あまり効果がないことを体験しています。

水漏れ防止剤を知ってからは100%漏れなくなりました。食器用もあるので安全性にも問題はないと思います。
↓ 水漏れ防止剤
P1050292.jpg


久しぶりの作陶体験、総じて65点ほどの自己評価をしました。次回は、もっと深い植木鉢に挑戦しようと思っています。
ロクロにするかタタラ(土を板状にして貼り合わせる)にするかの成形法については思案中です。

nice!(13)  コメント(10) 

釉薬かけ [陶芸]

2年ぶりに再開した陶芸、2週間前にロクロ成形によって作った植木鉢・飯茶碗・変わり小鉢の素焼きができあがっていました。ヒビが入ったりしていることもなく成功でした。菊練りやロクロが上手くされていないと土の均一化が保てず、この段階でヒビが入ったりして失敗していることもあります。
IMG_1703 (2).jpg

植木鉢の表面が粗いので、ペーパーを掛けて表面を滑らかにして釉薬の乗りを良くしたり、下絵を描きやすくします。上手くロクロが使えれば最初から滑らかな表面にできますが、まだ一度もペーパーを不要とするようなものができたことはありません。
IMG_1707.jpg

釉薬は焼き物の表面に汚れが付きにくくしたり、水漏れを防いだり、丈夫にしたりするための被膜を作るものです。もちろん美しい作品にするためにたくさんの釉薬種があります。
植木鉢の場合は、植物の根の成長を促すために鉢にも水分を吸収してもらうよう、内側には釉薬を掛けません。そのために陶磁器用撥釉剤を塗布します。
IMG_1708.jpg

植木鉢の場合は底部も釉薬をかけないように、また高台の最下部には撥釉剤を幅狭く塗って、窯内で釉薬が流れて板に付着しないようにしておきます。
IMG_1709.jpg

織部が好きなので、植木鉢には織部釉を塗布しました。よく撹拌して釉薬も均一化させておきます。
IMG_1711.jpg

幸い植木鉢には底穴を空けていますので、手指を穴に入れて作品を固定して釉薬内にどっぷり浸すことができて、容易です。下の写真の灰色部が施釉したところで、本焼き後には織部の緑色になります。
IMG_1710.jpg

茶碗などに施釉する場合は、金属の道具で作品を固定します。変わり小鉢には赤伊羅保釉薬をかけました。
IMG_1714.jpg

飯茶碗には下絵用の絵具で椿絵を描いてみましたが、見直してみて一番上に、もう一枚の勢いのある葉を描くべきだったと反省、作業時間が2時間しかないので以前からこの施釉の日は焦っています。アンケート調査で施釉時間を長くして欲しいと、何度も調査票を提出していましたが、受け入れられず諦めています。
この飯茶碗には透明釉をかけて絵をひきたたせようと思っています。
IMG_1715.jpg

最後に余計な部分に付着した釉薬をスポンジで拭き取って終了します。来月の作陶日に本焼きができた作品を受け取りますが、陶芸を始めたころは作品の出来栄えを見るまで、胸が高鳴るほどの想いを何度も経験しています。
さて、2年ぶりの今回の作品はどのように仕上がってくるのか楽しみではありますが、もう胸が高鳴るほどの想いはないようです。
nice!(6)  コメント(2) 

作陶再開 ! [陶芸]

中日ドラゴンズの荒木選手が、2016年7月にホームランを打って以来、今月2年ぶりのホームランを打ちました。
wildboarは、2016年7月に腰痛の悪化から作陶を中止し、今月2年ぶりに再開しました。腰痛の改善がみられているからです。

この先の山の上に「窯場」があり陶芸教室が開かれます。
IMG_1649.jpg

2年ぶりの教室ではなぜか「冷たい視線が・・・」。
この日の参加者は、11、2名(定員32名)に対して講師3名のほか事務職員が、午前と午後に各1名。
参加費は1400円で、10:00~15:00。土2㎏に、2週間後の釉薬代と焼成代も含まれています。お値打ちなのですが、自治体100%出資会社だからきることなのでしょう。余計なことですが人件費オーバーがちょっと心配。
講師人にも役割分担があるようで、ある講師は参加者への会話や見回り指導もすることなく、ひたすらスマホと雑誌を見ている。講師間にも冷たい雰囲気があるようでした。また、掲示板には私が2年半前に作成した、ある組織のための会員募集広告紙が未だに貼ってある始末。
久しぶりに参加した第一印象であったのでつい話が逸れてしまいました。

さて、最初は土を菊練りで空気を抜きながら土を均質化するための大事な作業ですが、やっばり腰には負担でした。
IMG_1635.jpg

ロクロによる成形では、ロクロの回転で土が踊らないように円錐形にして芯出しをします。これを覚えるのには、かつて20回(20日)かかりました。ロクロによる円形を作るための基本的な最も重要な作業です。
IMG_1636.jpg
久したぶりなので心配していたのですが、すぐにできて安心。体が覚えていたのでしょう。

得意な植木鉢成形で、まずは成功。ここまでの所要時間30分。
IMG_1637.jpg

植木鉢では水抜き用の穴を底に開けておきます。
IMG_1638.jpg
さらに盆栽などを固定するための針金を通すために、小さい穴3、4個を忘れず開けます。

そうして半乾燥(この日は天日乾燥)をして高台を切ります(付け高台の手法もあります)。
IMG_1642.jpg
盆栽用鉢の高台作成は、どのようなものにするのか、アイデアの泉で楽しいです。
特別なトラブルもなく、成形ができて安心しました。

次は、家人が使用している、かつての作品の飯茶碗が古くなっているので、飯茶碗に挑戦。
食器なので軽いものにしようと意識したことと、植木鉢が簡単にできた安心感から、あえなく敗退。ちょっとの雑念から失敗してしまい難し面があります。
IMG_1639.jpg

再度の挑戦では、また変形してしまったため変わり小鉢に利用しよします。
IMG_1644.jpg
しつこく再々度の挑戦の飯茶碗、目を閉じて指先の感覚だけで成形しましたが、れも納得感は得られなかったもの一応完成。
IMG_1645.jpg

後片付けもすべて終えて14:00に帰宅。作業開始直後は、右手指が何度も突っ張って苦労しましたが、後半には自然治癒。帰宅後も腰痛に異状はなく、今後も続けられそうです。

翌々週には、施釉や下絵付けなどを予定します。納得感のなかった飯茶碗をいかにうまく仕上げるかの検討も楽しみです。
写真はcanon SX280HS


私の陶芸の原点は、岡山勤務時代に備前焼に魅せられたことにあります。
このたびの西日本地区水害では、死者数170人にも達し、被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。

私が岡山に赴任した年には、津山市で10年ぶりの水害があり、同日には倉敷で大口火災事故もあり大変な思いをした経験でした。また、広島に赴任する5日前には芸予地震が発生しており、これまた大変な1年を費やしました。
今の生活は、そうしたものからできているものだと思われます。

今回の岡山、広島における災害についてはとりわけ、心が痛みます。
1日も早い復興を祈っています。
nice!(7)  コメント(4)