So-net無料ブログ作成
読書録 ブログトップ

『自分が高齢になること』 [読書録]

12月6日、朝食を終えると、今日の昼食と夕食は何にしようかと考える日が多くなっている。
そんなことでも、楽しみにすることも認知症にはいいそうだが、もっと楽しいことはないのだろうかと考えてしまう。

P1000159 (2).jpg

【読書NO.358】和田秀樹著『自分が高齢になること』株式会社新講社 2018年6月27日 第1刷発行 2019年9月5日 第17刷発行
12月6日 読了。
老年精神神経科医が、主に認知症について記したもの。10万部も突破しているらしいので手にしてみたが、あまりにも簡単すぎて早朝の寝床で2日間で読んでしまった。最近は、遅読傾向であったので信じられないくらいの早さであった。
認知症は、年を取れば肉体の老化と同じように脳も老化するのだらから心配することはない。むしろ認知症になることで幸せな時間が得られることもあるので安心しなさいという程度の内容。
72箇条で述べられているのだが軽すぎて、概ね知っていることばかり。
認知症介護についての書物は、親の介護が前提になっていることが多いのだが、そうでない場合も結構あるはずだ。そうでないケースについても記されていると良いと思うのだが。

一方、こちらの前書はたいへんな読書日数を要した。
主に就寝前だったので、面白かったのにすぐに眠ってしまい読後感想がまとめられないほど記憶も飛んでしまっている。
老化である。

P1000066 (2).jpg

【読書NO.357】花田紀凱・門田隆将『「週刊文春」と「週刊新潮」 闘うメディアの全内幕』株式会社PHP研究所 2018年1月5日 第1販第1刷
12月3日 読了。
週刊文春の元編集長である花田紀凱と元週刊新潮のデスクであった門田隆将の対談集。
門田隆将の著書は何冊も読んでいるが、これが花田さんだという著書は読んでいない。
月刊「Hanada」の編集長であるので同誌の創刊号からは何冊か読んでみた。当時の内容がどうだったのか記億はないが、新聞に掲載されている最近の「Hanada」のタイトルを見ると、ちょっと偏りすぎているのではないかと、購入する気にはならない。
ところが本書でこれまで書かれていた事件の「週刊文春」のタイトルは、みんなうまいと思う。販売部数を上昇させたのは、このタイトルで読者を引き付ける力だったのだと思う。
テレビや新聞で見る話題や事件の知らされない、より深い事情までよく知ったうえの2人の対談なので裏事情も聞かれて面白かった。
ただ、近年の不倫や芸能ネタについていはいただけない。
売れるものを毎週作りあげなければならない週刊誌の大変さや、両誌の繁栄と衰退の歴史も、よく知ることもできた。
そして、2人(その組織を含めて)の取材力と表現力の高さもうかがえた。
少なくとも、告発型ジャーナリズムの両誌は、今後も何とか残っていってもらいたい。


今日のお昼前であったが、速達郵便を届けてくれた局員が、「こういう人が同居しているのであれば届けてほしい」と家人に言っていた。
私が出て行ってたら、明らかに発信人の宛名違いであり郵便物の内容も分かっている。局員は、宛名が違うので(私に渡していいかどうか)発信人に確認すると言う。全責任を私が負うからと、もらった直後、同居人と誤認された友人から電話があった。友人のところへも別の名前で速達が届いていたらしく、発信人は同じ。
友人のところまで高速を飛ばして確認したが、もう明らかに発信人である会社の大きなミス。
どうも5百人あまりに誤配したようだ。
その会社に苦情照会の電話をしたのは、私が1番だったらしく、その後の同社への苦情照会電話には、私のおかげですんなり対応できたらしい。
原因は、どうも住所と宛名がズレたデータを下請け会社に渡してしまったミスのようだ。
余談だが、日本郵便の速達の届く時間がほぼ同時であった正確さには感嘆した。
ということがあって、予約してあった整形外科のリハビリに間に合わなくなってしまった。

夕方の「星が丘」
P1000160 (2).jpg

そうなると、腰も「こけちゃいました」の大腿部も、急にとても痛くなってきたので困る。
もっと楽しいことはないのかと、朝から愚痴っていたので罰があたったようだ。

今日、一番良かったことは、友人宅で初めてトイプードルの六ちゃんに会えて、私の靴下を何度も咥えて引っ張ってくれたことである。
六ちゃんは、まだ5歳なのだ。



nice!(32)  コメント(10) 

介護 [読書録]

9月17日、最高気温がまだ33度もあったようです。
当地では、また、雨が無いので欲しくてたまらないのです。
菜園や盆栽も雨があるかないかで、1日の自分のスケジュールが大きく左右されるので。

未明に読了。
【読書NO.356】片寄斗史監修 いきいき編集部編『 いつかはやってくる  親の介護が私を変えた 第一集』
発行人 黒坂勉 発行所 ユーリーグ株式会社 19999年11月130日 第1刷

P1150003 (2).jpg

P1150005 (2).jpg

P1150002 (2).jpg

最近は眠る前に読んだ内容を、起きてみるとほとんど忘れているので、夜の外呑みと同様に夜読みは止めたほうがいいのかもしれません。

障がいのある人や認知症の人の介護と医療に関する著書を直近に4冊読んできました。
特に2025年には高齢者の5人に1人が認知症になるであろうと、大きな社会問題となっています。
今こそよく考えてみないと、と思っていますが、もう遅いのかもしれません。

この著書は、雑誌『いきいき』に連載されてきた著名者15人の親の介護体験を、記録編集されたものです。
15人の体験談をまとめれば、認知症の人に対しては「本人の意思、人権を尊重すること」が大切ですと、皆一致しているところです。
ただ、介護のプロに任せる方が良いのか、家族の在宅介護が望ましいのかについては意見が分かれているように思われました。
日本テレビのアナウンサーだった小林完吾さんは、元々親の介護は「子(家族)の務め」というご意見のようです。
私としては、否定はしませんが介護にあたる人の「優しさ」の問題によるところが多いのではないかと思います。
仕事を持っている女性は、できる限り介護サービスを利用しながら家族も看ていきたいという意見が多かったように思いました。
折衷案的に採用するのであれば、行政のサービスを目いっぱい獲得しつつ、私的な介護サービスを併せて、家族みんなで介護の態勢を作り上げることが理想かな、と考えます。

ただ、私もそうですが、日本の社会保障の矛盾を強く感じている人も多いようです。
なかでも、母親の介護にあたった舛添要一氏ですら「介護の現場にいると、役人が頭のなかでつくったシステムがいかに現実に通用しないかを痛感させられた」と言っていたのは、面白かったです。また、同氏の場合は、介護を理屈で推進していきたいという感じを強く感じられました。
他にも、日本の福祉制度は、現場にいない人がつくっているから矛盾だらけ、という人もいます。

介護も含めて、ひっくるめて「自分の人生だ」と考える人もいるひともいました。
橋幸夫さんは
P1150006 (3).jpg

P1150007 (3)_LI.jpg


介護には、これが当然というマニュアルはないですね。
基本は、認知症の人ご本人を説得しようとすることより、本人が納得できるようにすることが重要で、その態勢を作っていくのが家族の役割ということになるのでしょう。

これまで読んできたものは、やや古いものなので、次は現在に近いものを読んでみたいと思っています。
当地では、医療と介護は別だと云う医師や役人がいたので、特に行政の取り組み姿勢がどう変化してきて、その効果があったのかどうか確認してみたいと思うところです。


今朝は、燃えるゴミ出しの日なので、ゴミを集積場で降ろした後、菜園で秋採どりキュウリの植え付けをする予定で出かけたのですが、ゴミを出し忘れて先に菜園へ行ってしまいました。
昨日は、そのキュウリの苗を積み忘れて菜園へ行ってしまったので、今朝の植えつけになっているのです。
自分の介護態勢を、自分で早くつくりあげておかないと、と焦ります。




nice!(39)  コメント(8) 

それなりに [読書録]

8月31日読了。
【読書NO.355】樹木希林『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ
宝島社 2019年2月11日 第1刷発行

クリニックの待合室の書棚に約半年間置いてあった。
読んでみたいという興味はあったが、待合室で読むほどの時間はないし1200円+税を出費するほどの興味はなかった。
関わっている同人誌「山波 192号」を院長に読んでもらい、「いつまででもいいですよ」と貸して貰った。貸してほしいと言った記憶は無いが、興味を示したようなことは発言していたのかもしれない。
いつまでもとはいけないので、最近の私としては比較的早く読むことができた。
元々樹木希林さんの名言集なので、簡潔な文章でもあったからだ。

P1140276 (2)_LI.jpg

P1140278 (2).jpg

わたしにとって樹木希林さんはそれなりに印象深い人であった。
大好きなのは、何てったってこれです。
「美しい人はより美しく、そうでない方はそれなりに」

ほとんど固まって元気のなかったイワヒバを今年の春から、いつも水が2㎝ほどの深さで入れ替わる処の日陰に置いていたところ、それなりに奇麗に開いていきた。
P1140286 (2).jpg

120の遺言のなか、いくつか印象に残ったものを取り上げる。

> どうぞ、物事を面白く受け取って愉快に生きて。あんまり頑張らないで、でもへこたれないで。
 希林さんは真面目な人なのだと思う。頑張ってしまうタイプなのだろう。

> まあでも病気をしてから少し謙虚になりました。
 元々実際は、謙虚な人であったのではないかと思う。

> 歳を取ったら、みんなもっと楽に生きたらいいんじゃないですか。
 なかなか、そうはできません。つい熱くなってしまう。

> 不自由なものを受け入れる。その枠の中に自分を入れる。年とるというのは、そういうことです。
 私の場合は、やっぱり腰痛、それを受け入れながら何とか行動している。

> 寺内きんの役をやってて痛切に思うことは、ババアこそ革命を起こせる唯一の存在ってこと。
 希林さんについての私の最初の印象にあるのは、やっぱり「寺内貫太郎一家」である。
 ババアについては、そうかもしれないと思う。

> 人の悪口を言ったことがないのよ。そこが好き。男はそれでなくちゃね。
 内田裕也氏は、私が思っていたよりかなりいい人であったことを、本書で知った。

> 来世で出会わないために、今完璧に付き合いるのよ。
 裕也氏のことであるが、希林さんにとって大変に必要な人だったようだ。だったら一緒に生活していられなかったのかと思ってしまう。

> 内田さんがおかしくて、私がちゃんとしてるふうに思われた時期もあるのね。
 希林さんがどこかへ飛んでっちゃうか分からないような人で、内田さんが希林さんの重しだったらしい。その重しのぶんだけ内田さんの税金や保険料も払っていたとは、面白い。

> 彼と一緒にいると、自分は意外とまともなんじゃないかと、楽な気持ちになれた。
 若い時は希林さんが激しい感情や自我抱えていて、さらに激しい裕也氏が激しくて自分が救われたというもの。

> こうしちゃいけない、ああしちゃいけないというものの中からは、人は育たない気がする。
 そうでしょうが、中々難しいことだと思う。

> 家は女がしっかりしないとダメ。カカア天下くらいでちょうどいい。
 認めるしかない。

> 社会に出て挫折するとまずいから、わたしのとこころで傷ついていいかなって。
 こども教育のことであるが、そうだと思う。

> 世の中をダメにするのは老人の跋扈。時が来たら、誇りを持って脇にどくの。
 自分も半分世の中をダメにしているのかもしれない。まだ誇りが持てないからかな。

> 「好きな事をやって食えるようになりたい」というのは、おこがましいということですよ。
 しかし、うらやましいことである。

> 「いつかは死ぬ」じゃなくて「いつでも死ぬ」という感覚なんです。
 希林さんの云うとおり、それはやっぱり「今年の春から、いつも水が2㎝ほどの深さで入れ替わる日陰にイワヒバを置いていおいた、それなりに奇麗に開いていきた。覚悟」だろうな。

> 年を重ねるごとに力のあるいい顔になりたいんです。
 熊谷守一さんのようにと思ってのことだが、希林さんでなくて、私にとってはかなり難しいことだと思う。


> 覚悟っていうのをすると気楽ですよ。
 自分がいなくても周りの人がちゃんと生活していくと確認できればである。その意味では今の私は覚悟ができない。

> 終了するまでに美しくなりたい、という理想はあるのですよ。
 形に出てくるものではなくて、心の器量のこと。誰しも想うことだろうと思う。

ご冥福を祈るしかない。



 
nice!(31)  コメント(10) 
読書録 ブログトップ